ナウシカの世界 目次
ナウシカたちはどんな世界に生きているのか
あらすじ
生き物はすべて遺伝子組み換え「人工生物」
アニメの物語  発端
エフタル王国
風の谷とペジテの悲劇
残忍な侵略者、トルメキア
2人の王女
腐海の生物のはたらき
主な登場人物
粘菌と腐海の蟲たち
生き物としての粘菌
大海嘯、そして集結
憎しみと和解
クシャナの騎士連隊
クシャナの生い立ち
和解
巨神兵の復活
シュワの墓所と滅びた文明
墓所の破壊と生物の未来
この物語を読み終えて考えること

アニメ映画で展開する物語は、原作の大きな物語の発端にすぎません。アニメの物語を手始めに、長い長い物語を追いかけながら、ナウシカたちが生きる世界がどういうものかを探っていきましょう。

アニメの物語  発端

  ある日、遠方の軍事強国トルメキアの輸送機が風の谷の山岳部に墜落します。機の残骸の近くには、ペジテの王女の遺骸と「巨大な肉の塊」が残されていました。
  この塊は巨神兵の胚――受胎したばかりで細胞増殖が始まった状態――で、まだ生きていました。
  まもなく、巨神兵の胚を奪取しようとトルメキアの先遣隊が訪れ、風の谷を軍事的に制圧します。

  ところが、トルメキアに滅ぼされたペジテの強硬派残党が、オームの子どもを捕獲してオームを怒らせ、その大群を風の谷に暴走させ、トルメキアの軍とともに壊滅させようと企てます。
  腐海の生き物、オームをも「生き物の仲間」としていつくしむナウシカは、オームの子を救い出し、オームの大群の怒りを鎮め、風の谷を滅亡の危機から救います。

  原作では、風の谷を存亡の危機に陥れたこの陰謀は、トルメキアによって攻撃を仕かけられ、侵略されたドルク(皇帝が支配する圏域)軍が反撃のために企図したものとなっています。風の谷はトルメキアの属領で、トルメキア王国の本領に侵入するための要衝だからです。

  ドルクの軍組織は、強力な念動力を駆使する皇帝(この段階では2人の皇帝のうちの弟)の指揮のもと、僧侶(神官)の集団が参謀、将官となって、皇帝領の諸侯国から徴集された兵卒を動かしています。

  風の谷の悲劇は、この地が膨張主義的で侵略好きなトルメキア王の支配下に置かれたことに端を発しています。そこにいたる歴史を原作から読み取ってみましょう。

前のページへ | 次のページへ |

総合サイトマップ
ジャンル
映像表現の方法
異端の挑戦
現代アメリカ社会
現代ヨーロッパ社会
ヨーロッパの歴史
アメリカの歴史
戦争史・軍事史
アジア/アフリカ
現代日本社会
日本の歴史と社会
ラテンアメリカ
地球環境と人類文明
芸術と社会
生物史・生命
人生についての省察
世界経済