ナウシカの世界 目次
ナウシカたちはどんな世界に生きているのか
あらすじ
生き物はすべて遺伝子組み換え「人工生物」
アニメの物語  発端
エフタル王国
風の谷とペジテの悲劇
残忍な侵略者、トルメキア
2人の王女
腐海の生物のはたらき
主な登場人物
粘菌と腐海の蟲たち
生き物としての粘菌
大海嘯、そして集結
憎しみと和解
クシャナの騎士連隊
クシャナの生い立ち
和解
巨神兵の復活
シュワの墓所と滅びた文明
墓所の破壊と生物の未来
この物語を読み終えて考えること

大海嘯、そして集結

  それにしても、粘菌の散布と増殖膨張、腐海の蟲たちの爆走拡散によって、ドルクの領土の大半は腐海に飲み込まれてしまいました。大海嘯が起きたのです。
  トルメキアとドルクの戦争で砲弾が飛び交い化学兵器の毒が撒き散らされた大地は、汚染されていたので、腐海の森は一挙に膨張していきました。

  一方、ドルクの民衆にしてみれば、皇帝の反攻を受けて撤収するトルメキア軍の強奪と殺戮によって苦しめられたうえに、しかもドルク軍の作戦が原因で腐海が大地を覆い尽くし、襲い来る瘴気によっていよいよ生存環境を奪われ、生き残る余地を失ってしまいました。

  ナウシカは民衆を救おうと奔走しますが、事態は悪化する一方です。できることはただ、メーヴェでチククを連れて空を翔け、チククの念動波によって民衆に高原地帯に逃げるよう伝えることだけでした。
  なぜなら、瘴気は空気よりもずっと重いため、標高の高い地点ならば、瘴気に襲われる危険がかなり低く、生き延びる可能性が高いからでした。
  ドルク諸族の民衆は、いっせいに高原・高地をめざして移動していきます。

  苦悩するナウシカは疲労困憊して、ついに倒れてしまいます。
  そして、長く深い眠りのなかで、この世界にはたらくさまざまな力、さまざまな生き物の心を読み取るのです。

  そのナウシカを守るのは、「森の人びと」と、戦いの旅程で出会った幼年の修行僧、チククです。ナウシカは瘴気の届かない高原で昏睡し続けます。

  そして、戦いの舞台はドルクの高原地帯に移ります。ところで、そこにはユパやミト、クシャナ、クロトワ、アスベルら――彼らはそれぞれ離れた別個の戦線で戦ってきました――が、運命の糸に導かれるかのように集まってくるのです。
  ナウシカの周囲にふたたび結集するのです。

前のページへ | 次のページへ |

総合サイトマップ
ジャンル
映像表現の方法
異端の挑戦
現代アメリカ社会
現代ヨーロッパ社会
ヨーロッパの歴史
アメリカの歴史
戦争史・軍事史
アジア/アフリカ
現代日本社会
日本の歴史と社会
ラテンアメリカ
地球環境と人類文明
芸術と社会
生物史・生命
人生についての省察
世界経済