ナウシカの世界 目次
ナウシカたちはどんな世界に生きているのか
あらすじ
生き物はすべて遺伝子組み換え「人工生物」
アニメの物語  発端
エフタル王国
風の谷とペジテの悲劇
残忍な侵略者、トルメキア
2人の王女
腐海の生物のはたらき
主な登場人物
粘菌と腐海の蟲たち
生き物としての粘菌
大海嘯、そして集結
憎しみと和解
クシャナの騎士連隊
クシャナの生い立ち
和解
巨神兵の復活
シュワの墓所と滅びた文明
墓所の破壊と生物の未来
この物語を読み終えて考えること
Office-Townwalkのサイト
信州まちあるき
雑学・教養ブログサイト
コーヒーものがたり
数学を楽しむ 学びの扉
英語への道案内

■和  解■

  しかし、ドルクの民衆(好戦派)とパルティザンの憎しみは深く、和平交渉を拒み、戦いを挑もうとします。
  そのとき、ユパが立ちはだかり、攻撃を押しとどめようとします。
  しかし、怒りに駆られた民衆はユパを取り囲んで殺してしまいます。そのとき、死にゆくユパの姿が、かつて彼らを守って殺された高僧の姿に変わり、民衆の激情を沈めます。
  チククの超能力のなせる業で、集団幻覚を引き起こし、敵対心を取り去ろうとしたのです。
 こうして、和平が成りました。

  ドルク諸族の長老と族長たちの多くは、故郷にもどり腐海の森と共存する道――あるいは死滅かもしれません――を選びます。
  はるか遠く、風の谷やトルメキア方面に移住する道を選ぶ部族もあります。

  蟲使い諸族の民衆も、蔑まれてきた自分たちが劣った種族、下等な種族ではなく、同じ人類の仲間だということをはじめて認識します。ナウシカの説得で防毒マスクをはずしてみると、ほかの人びとと同じ顔かたちをしていることがわかったのです。
  それに、自分たちを含めた民衆を守るためにともにドルク皇帝と戦った、苦しみや喜びを分かち合ったという経験が、彼らに確かな自信(尊厳の回復)を与えたのです。

巨神兵の復活

  夥しい犠牲の上に、やっと平和が訪れようとしたとき、ドルク皇帝(皇兄)が巨大な人工子宮に包まれた巨神兵を連れて現れます。
  ドルク皇帝の軍に奪われた巨神兵の幼体は、墓所の僧会によって開発された人工子宮のなかで成長を続けていたのです。

  ナウシカとクシャナは、巨神兵を破壊しようと攻撃します。が、激しい砲火は、かえって子宮を破砕して巨神兵を「誕生」させてしまいました。

  ついに巨神兵が復活しました。巨神兵は精神的に急速に成長し、高度な知識と判断力を身につけていきます。
  ついに、滅びの危機に瀕しても争いをやめない人類に裁きを下す「裁定者」としての立場を自覚していくのでした。

  ところで巨神兵は、自分を価値ある生き物として認めていつくしむナウシカに母性を求め、彼女の戦いの友として、守護者として、シュワの墓所の破壊を引き受けるようになります。
  ナウシカが巨神兵をコントロールする秘石をもっていたことも、この変化を助けたようですが。

  しかし、放射能を発する巨神兵と行動を共にすることで、ナウシカは被曝による障害を受け、しだいに健康が蝕まれていきます。

前のページへ | 次のページへ |
総合サイトマップ
ジャンル
映像表現の方法
異端の挑戦
現代アメリカ社会
現代ヨーロッパ社会
ヨーロッパの歴史
アメリカの歴史
戦争史・軍事史
アジア/アフリカ
現代日本社会
日本の歴史と社会
ラテンアメリカ
地球環境と人類文明
芸術と社会
生物史・生命
人生についての省察
世界経済