阿弥陀堂だより 目次
故郷の原風景
原作について
見どころ
あらすじ
原作者と信州の農村
豊かな水と緑、そして阿弥陀堂
堂守の老女おうめ
帰郷のいきさつ
孝夫と美智子
「阿弥陀堂だより」
幸田重長とヨネ
季節のリズムと農村
映像物語の語り口 映画の眼差し
おうめの語り口
小百合の病状と治療
医師の病気観と死生観
おうめの祈り
秋祭り
晩秋、そして幸田老人の死
深まる秋、美智子の決断
孝夫の静かな創作意欲
さまざまな生き様、さまざまな夫婦像
冬の訪れ
深まる冬、そして春への胎動
おススメのサイト
映画 異端の挑戦
炎のランナー
のどかな信州の旅だより
信州まちあるき
ブ ロ グ
知のさまよいびと
信州の旅と街あるき

冬の訪れ

  季節はさらに進み。冷たい時雨しぐれを運ぶ暗灰色の雲が空一面をおうようになった。時雨がみぞれに変わりそうなある日、孝夫と美智子は町の病院を訪れた。
  美智子は自分の検診のために院内に入っていき、孝夫は車のなかで待っていた。しがらくすると、美智子は病院の玄関から出てきて傘を広げた。足取りは力強かった。
  美智子を迎えるために車から出た孝夫に美智子は囁くように声をかけた。
「できたのよ。妊娠3か月だって。」
「えっ、なに・・・」
「子どもができたのよ。もうすぐ42歳になる私に」
  美智子は表情を引き締めよう努力していたが、口元は緩み笑顔がこぼれた。
「そうかあ、そうかあ」孝夫は込み上げてくる感動を抑えるためにハンドルに顔を伏せた。はじめは驚き、次いで喜び。顔を上げると、目を輝かせて車をスタートさせた。

  家に帰りつくと、孝夫はお祝いの食卓を準備した。その席で孝夫は美智子を祝福した。
「とにかく、おめでとう」
「あなたの子よ」
  これで2人は、自分たちもご先祖様と呼ばれる立場になる。
「来年は自分の田圃をもつんだ!」と、近所の農家の稲刈りを手伝いながら農家宣言をした孝夫だったが、これからは生まれてくる子どものために稲作に励むことになるのだろう。


▲雪に覆われた集落 野沢温泉村で

▲里も山も森も畑も雪におおわれ、境界が消える

  それからまもなく本格的な冬が始まろうとしていた。山はすっかり雪におおわれた。
  それでも、最初に積もった雪は、気紛れにやって来る晴れ間と太陽の光で、道路や陽だまりのところどころでは解けていた。

  阿弥陀堂までの山道がまだ深い雪に閉ざされる前に、孝夫と美智子は外を歩く体力を取り戻した小百合をともなっておうめに会いに行った。
  おうめは阿弥陀堂の前で、一心に野菜を洗って漬物樽に詰めていた。が、背後から呼びかける声に振り向いて、小百合がいるのを見ると、野菜を洗っていたホースを放りつけて、参道を登ってきた3人に駆け寄った。そして小百合の手を取ると抱擁して喜んだ。

前のページへ | 次のページへ |

総合サイトマップ

ジャンル
映像表現の方法
異端の挑戦
現代アメリカ社会
現代ヨーロッパ社会
ヨーロッパの歴史
アメリカの歴史
戦争史・軍事史
アジア/アフリカ
現代日本社会
日本の歴史と社会
ラテンアメリカ
地球環境と人類文明
芸術と社会
生物史・生命
人生についての省察
世界経済
SF・近未来世界