オーケストラ! 目次
原題について
見どころ&あらすじ
アンドレイ・フィリポフ
自分を取り戻すために
イヴァン・ガヴリーロフ
アンヌ・マリー・ジャケ
憧れの指揮者
スポンサーはマフィア
綱渡りの渡航
団員はパリの街に消える
崩れたリハーサル日程
変幻自在の超絶技巧!
追いつめられたアンドレイ
ロシアから祈りを込めて
ギュイレーヌの決断
楽団員探し
イヴァンの落胆
非常呼集「レアのために!」
ヴァイオリン協奏曲
イヴァンの奮闘
奇蹟が起きた!
チャイコフスキー・・・
音楽がテーマの作品
のだめカンタービレ

奇蹟が起きた!

  こうして、ようやく会場に戻ると、オーケストラの演奏は一変していました。アンヌのヴァイオリンソロとオケの演奏とが美しく響き合っているではありませんか。
  「ああ、神様は本当にいるのかもしれない。こんな奇蹟が起きるなんて!」
  無神論者の彼は、変な感動をしていました。

  この協奏曲の演奏場面が終幕なのですが、この場面にかぶせて、その後のサクセスストーリーが描かれます。
  協奏曲の大成功は、フランスの国営放送に加えて、マフィアのボスの手配でロシア国営放送が東欧にも流したこともあって、大評判を呼びました。
  世界のマスメディアもこぞって称賛しました。シャトレ劇場で1回だけの(穴埋めだけ)予定だった公演は、その何週間も続くことになりました。
  偽の「ボルィショイ交響楽団」は、「アンドレイ・フィーリポフ交響楽団」と名を変えて、ベルリン、ヴィーン、イスタンブール、モスクヴァ、東京、シドニー、ニューヨーク、ブエノスアイレス、ロンドン…世界の一流劇場を回ったのです。

  やがて。アンヌはモスクヴァのアンドレイとイリーナの家を訪れ、家族同然の親交を結びましだ。たぶん、両親について本当のことを聞いたに違いありません。
  孤独だったアンヌには家族ができました。イリーナには、天才ヴァイオリニストの娘ができました。

前のページへ | 次のページへ |

総合サイトマップ

ジャンル
映像表現の方法
異端の挑戦
現代アメリカ社会
現代ヨーロッパ社会
ヨーロッパの歴史
アメリカの歴史
戦争史・軍事史
アジア/アフリカ
現代日本社会
日本の歴史と社会
ラテンアメリカ
地球環境と人類文明
芸術と社会
生物史・生命
人生についての省察
世界経済