1900年 目次
映画の原題について
見どころとテーマ
あらすじ
20世紀の「誕生」
1945年秋
アルフレードの家族
富裕な地主家門の典型
ナイーヴな「坊ちゃん」
イタリアの近代史
農民の生活
ペストの襲来
都市国家の分立割拠
資本主義的農業の構造転換
農民支配の形態
時代の変わり目
イタリア社会の分裂とファシズム
地主層の資本家的競争
地主と農民との階級闘争
労働者階級の内部の格差と対立
再会、そしてファシズムの時代へ
敵対と憎悪の増幅
ファシストの跳梁
農村のファシズム
逃避行の終焉
ムソリーニの政策について
オルモの逃亡
ファシストの狂気
心を病むアーダ
殺人鬼
ファシズムからの解放
イタリアの降伏
解放闘争と王政の廃止
ファシスト狩り
レジームの組み換え
ケンカ友達の再会
キャスティング

■地主と農民との階級闘争■

  地主と農民(農業労働者)との闘いはさらに凄絶でした。
  ある年の夏、この地方を激しい嵐が襲い、農場は強風と雹による大きな被害を被りました。
  嵐の後、アルフレードの父は農場の労働者を集め、収益減が見込まれるため、今後賃金は半額にすると言い渡しました。
  農村では、不況や凶作のたびに農業労働者の賃金は切り下げられていきました。

  厳しい労働条件と貧困にあえぐ農民たちのあいだに、またたくまに「社会主義思想」が浸透しました。
  とはいえ、この社会主義は、いわば素朴かつ粗雑な農民の願望や偏見が絡みついたもので、運動や闘争の方法も未熟なものでした。
  それでも、農民たちは農場単位、集落単位で結集し、組合らしきものをつくり上げ、共同でストライキをおこなって地主の横暴に抵抗しました。
  ある日、一帯の農民が集結し、都市やほかの地方の組合の支援を受けて地方全域でストライキを起こし、組合は農民の子どもたちを集めて汽車旅行に連れ出しました。

  このシークェンスでは、汽車の出発に合わせて、組合のオルガナイザーの1人がアコーディオンで「インターナショナル」を演奏します。
  この曲はやがて、革命直後の「ソ連の国歌」になるのです。
  ところが、イタリアで演奏される「インターナショナル」は、哀調ををびた短調のソ連版と違って、長調の明るく軽快なメロディです。

■労働者階級の内部の格差と対立■

  しかし、大農場の労働者たちよりもさらに貧困な人びとがいました。
  彼らは、節季ごとに移動する流れ者のような生活を送っていて、農場の労働者がストライキを続けている期間、地主に日雇いされ農作業に従事し、どうにかその日の糧にありついていました。

  組合に加盟した農民からすれば、彼らは「裏切り者」で利害が対立します。
  しかし、日雇いの移動労働者たちは、その日1日の稼ぎがないと、飢えてしまうのです。
  こうして、労働者・農民のあいだでも利害の衝突と闘争があったのです。「労働者階級」とか「民衆」という言葉でひとくくりにできない複雑な現実がありました。

  それを「ひとくくり」にして「労働者階級・・・」とか「階級闘争・・・」のスローガンをを云々する立場や歴史観は、何と怪しげで欺瞞的なことでしょうか。
  映像を演出するベルトルッチ監督の目は確かです。

前のページへ | 次のページへ |

総合サイトマップ

ジャンル
映像表現の方法
異端の挑戦
現代アメリカ社会
現代ヨーロッパ社会
ヨーロッパの歴史
アメリカの歴史
戦争史・軍事史
アジア/アフリカ
現代日本社会
日本の歴史と社会
ラテンアメリカ
地球環境と人類文明
芸術と社会
生物史・生命
人生についての省察
世界経済
ホーム
copyright©2013
All Rights about the Contents are
reserved by Office-Townwalk