史上最大の作戦 目次
原題と原作
見どころとテーマ
あらすじ
とてつもなく長い1日
オーヴァーロード作戦
ヒトラーの電撃戦と誤算
戦線の拡大とメディア
長期戦への転換
占領・征服政策の欠如
泡のような膨張とリスクの累積
無策・無謀な国家指導者たち
戦線の膨張
枢軸同盟の成立
伸び切った東部戦線
兵站リスクの膨張
東部戦線の崩壊
ソ連軍の反転攻勢
北アフリカおよび地中海戦線
解放侵攻戦略の策定
イタリア降伏
アンツィオの戦い
連合軍のディレンマ
北西ヨーロッパの戦況
ノルマンディへの道
兵站構築(logisitics)
上陸地点は
ノルマンディ海岸
偶発的要素としての天候
ネプチューン作戦
作戦開始
5つの上陸地点
爆撃・砲撃戦
ドイツ軍の混乱
戦闘シーン
偶然が支配する戦況
戦争の形態の構造転換
全体戦争
ヒトラー=ナチス・ドイツの失敗
ヒトラーの無策・無謀
ゆがんだ情報システム
スーパー兵器の袋小路
突出しすぎた性能は戦線の混乱を呼ぶ
スーパー兵器の末路

■長期戦への転換■

  状況は短期決戦ではなく、長期にわたる戦争、それもすぐれて「持久戦」「消耗戦」になろうとしていました。
  ヒトラーがもくろんでいたのは、短期の軍事的征服=拡張でした。ところが、長期におよぶ軍事的支配ないし統治とは、まったく次元の異なる軍事活動です。
  ヒトラーとドイツ軍は、短期的戦局を観る目はもち合わせていたのですが、長期的戦略や地政学的な視野はもち合わせていなかったのです。
もっとも、そういう知識や視点がないからこそ、短期決戦の大ばくちに打って出たのですが。

  ヒトラーは短期決戦をもくろんでいましたから、征服地での支配と統治は、徹底的にして苛烈な弾圧や殺戮、そして酷い収奪・搾取をこととしていました。
  ゆえに、多数の住民を懐柔したり、支配や収奪を覆い隠す「見かけが美しいヴェイル」の断片すら用意しなかったのです。
  住民たちは生存そのものを全面的に脅かされてしまったわけです。
  うわべだけの再分配や利益の還元すらありません。被征服民衆との妥協点を見出して、統治の長期的な安定を考えることすらなかったのです。

■占領・征服政策の欠如■

  つまりは、長期的に占領統治するレジームや制度を構築することは考えもしなかったのです。
  したがって、ドイツ軍の征圧は住民の敵対や憎悪を増幅し、抵抗や反乱の原因をいたるところに撒き散らしていきます。
  そのため、ナチスの軍事的優位が少しでも後退すれば、抵抗や反乱が頻発して、占領と征服の陣地や防備がズタズタに引き裂かれるはめに陥ることは必至でした。

  ゆえに、占領支配と抑圧・収奪の強化、そして抵抗・反乱の激化という悪循環にはまり込んでいきました。
  長期の軍事的支配をはじめから不可能にする条件をドイツ軍自らつくり出していきました。

前のページへ | 次のページへ |

  

総合サイトマップ

ジャンル
映像表現の方法
異端の挑戦
現代アメリカ社会
現代ヨーロッパ社会
ヨーロッパの歴史
アメリカの歴史
戦争史・軍事史
アジア/アフリカ
現代日本社会
日本の歴史と社会
ラテンアメリカ
地球環境と人類文明
芸術と社会
生物史・生命
人生についての省察
世界経済