サンジャックへの道 目次
原題について
見どころ
予備知識として
聖ヤ―コブ伝説
奇蹟の伝説と巡礼風習
あらすじ
不仲の3人兄妹弟
出発地のルピュイ
道連れの面々
何も持たないクロード
現代フランス人の旅
「やれやれ」な旅立ち
余計な重荷は捨てるしかない
「余計なもの」を捨てる旅
人生は重荷を背負った上り坂
クロード
ラムジ
カミユ
マティルド
ギュイ
人生の出会いと交錯
「原則」とリアリズム
道連れ、そして仲間意識
ラムジの境遇
課題を見つけたクララ
ラムジの学習
「薬漬けの日々」からの脱出
聖職者たち
聖職者も人間・・・
誠実な神父もいる
強欲で罰当たりな司祭
聖地まで歩き続けるぞ!
虚栄で流行を追う者
寄せ集め国家の不協和音
仲間は兄弟、助け合うもの!
聖地巡礼で得たもの
クロードの酒気を抜け
巡礼旅の終わりに
エピローグ

聖職者たち

  人前で口を開けば「教会の建前」「神の愛」を言い放つ聖職者たち。
  彼らもまた、教会という経営組織や世の中での暮らしとか権力闘争、駆け引きのなかで生きているのです。
  だから、自己保身(我が身かわいさ)と教会組織の建前とのあいだに絶妙のバランスを見つけて生き抜こうとするリアリストです。

  フランス社会は原理原則とが激しくぶつかり合う社会だともいわれます。
  けれども、原理や主張の言葉が勝手に自分から動き出すわけでもありません。担い手がいて、行動や態度に表わすから、原理や主張は世に現れるのです。そして、個人や集団のあいだの言い合いとなるのです。
  こうして、原理原則を言い立てる個人や集団のあいだのぶつかり合いや駆け引きが繰り広げられるのです。

  だから、外面そとづらとして厳格さを誇示しようとする原理原則の立場は、いざ自分自身の生活や利害にかかわる空間では、重力で曲げられる光よろしく、いくらでも柔軟に曲がりくねることになります。
  もちろん、誠実に生きる聖職者もいます。そういう人は他人に対して穏やかで柔軟です。
  というのも、目の前の人を救うことこそ最優先で、神学論争は後に回すからです。

■聖職者も人間、神よりも先立つのは、自分への愛■

  この物語にも、さまざまな聖職者が登場します。

  まずルピュイの修道院の尼僧たち。
  修道院では、旅立った巡礼者たちが書き残していった願いごとを、翌朝の祈祷で司祭の祈祷のなかに織り込むように読み上げることになっています。そのために、尼僧たちは願いごと用紙を選別・検閲しているのです。
  そのさい、教会の原理原則に抵触しそうな願いごとは、どれほど切実であろうとも、表現を勝手に変えるばかりか、無視したり切り捨ててしまいます。

  巡礼者たちがどれほど切実な願いごとを書いていようとも、そこには、彼女らの主観や尺度が容赦なく入り込み、勝手に切り刻むわけです。
  かくして、巡礼者たちの願いは尼僧たちのフィルターによって薄められ、捻じ曲げられ、方向を変えてしまうことになります。

  早朝の祈祷で聖堂に響く公式のメッセイジとなり神に届くのは、願いごとを書いた本人たちの望みとは遠くかけ離れた、尼僧たちの好みに合った「公式文書」となってしまうのです。
  司教様の「覚えめでたい」願いごとを選んだ尼僧は、こうして修道院で立場を維持し評価を高めていくのです。神への願いごとも、こうして教会の内部の権力関係や出世欲の仕組みをつうじて、濾過されるのです。

■誠実な神父もいる■

  もちろん、巡礼者の安全と便宜のために件名に奔走する司祭もいます。

  夏の西フランスの日没は遅く、21時頃になるでしょうか。
  朝時刻を1時間早める夏時間だと、なおのこと時刻の進み方は速いので、日本時間では20時頃でしょうか?
  ギュイが率いる一行が教会のある集落に到着したのは、20時過ぎでした。
  何かの理由で遅くなってしまいました。外はまだ明るいのですが。
  普通ならもはや宿泊場所や夕食の手配が困難な時刻です。
  でも、巡礼団一行が窮していることを見てとった司祭は、一行に手伝ってもらいながら夕食の準備をし、教会の内部に安眠の場所を確保しました。
  とはいえ、こういう誠実で良心的な聖職者は例外として描かれています。

前のページへ || 次のページへ |

総合サイトマップ
ジャンル
映像表現の方法
異端の挑戦
現代アメリカ社会
現代ヨーロッパ社会
ヨーロッパの歴史
アメリカの歴史
戦争史・軍事史
アジア/アフリカ
現代日本社会
日本の歴史と社会
ラテンアメリカ
地球環境と人類文明
芸術と社会
生物史・生命
人生についての省察
世界経済