大誘拐  目次
見どころ
あらすじ
3人の「虹の童子」
おばあちゃん
おばあちゃんの山歩き
誘拐決行
おばあちゃん、3人の人柄を見抜く
驚きの隠れ家
刀自とクーちゃん
クーちゃんの心配
さて翌朝・・・
刀自とクーちゃん
さて翌朝・・・
乗っ取られた誘拐…身代金100億円
県警本部長、井狩
井狩の痛烈な反撃
虹の童子の反撃
警察の追跡網
奇襲作戦
刀自、テレビ中継に登場
山林資産の洗い直し
兄弟姉妹の結束
空のかなたに消えた100億円
刀自の帰還
井狩、刀自を訪なう
井狩、刀自に問いかける
おばあちゃん、「お国」に挑む
刀自の算段
3人の童子の旅立ち
正義の決断
平太の決意
健次の道
作品の奥にあるもの
天本英世のこと

さて翌朝・・・

  さて、刀自と3人組が訪れた翌朝5時、働き者のクーちゃんは日の出よりも早く起きました。
  刀自の朝飯の準備をすると、刀自の見張り役の正義をたたき起こし、山の棚田の稲刈りの仕事へと駆り立てていきました。
  朝飯前の一仕事が終わると、家に戻りやっと朝飯にありつくのです。

  納屋を宿舎にあてがわれた健次と平太が、母屋の物音に飛び起きて外を見ると、正義は素顔のまま戸外に出て、納屋にやって来ました。
  健次が、なぜサングラスとマスクの「変装」をはずしたのかと問い詰めます。

  答えは、こうです。
  朝、顔を洗っていると(当然、サングラスとマスクははずしていた)、クーちゃんの1人暮らしを心配して妙齢の可愛い女の子が自転車でやって来ました。
  正義が人の気配を感じて顔を上げると、面の前に女の子がいて、正義を見てお辞儀をしました。顔を見られた以上、いまさらサングラスとマスクをつけるつわけにもいきません。

  さらに、食事のときクーちゃんが2人を引き合わせました。
  正義は遠縁の「甥っ子」で手伝いに来ている、と。
  この女の子は近くの村の人で、ときどき心配して手伝いに来てくれる、と。
  すると女の子は「私、邦子いいます」と自己紹介。
  「まさか、お前、自分の名前言ったんやないやろな!」と健次。
  正義が返事を返そうとしたそのとき、
  「正義、正義〜! 鎌はまだか」とクーちゃんの声。名前が知れ渡っているようです。
  正義は、急いで納屋の壁から鎌を取ると、振り向きざま、健次たちに、
  「おばあちゃんはとっさに隠れて、邦子さんに見られてへんで。そんで、食事は茶の間にあるから、はよ食べてな」
  と言い残すと、足取りも軽く、いそいそと納屋から出ていきました。

  正義はクーちゃん、邦子といっしょに張り切って田んぼに出かけていきました。
  これまで孤独に生きてきた正義にとって、気のおけない身内のような人たちと仕事にいくのは、きっと心浮き立ち心安らぐものに違いなかったでしょう。

  見送る健次は、「世の中変わったもんや。誘拐犯が稲刈りの手伝いか」と呟きました。
  それにしても、3人組は首尾よく刀自を誘拐できたものの、予想外のことの成り行きに巻き込まれていくようです。

前のページへ | 次のページへ |

総合サイトマップ

ジャンル
映像表現の方法
異端の挑戦
現代アメリカ社会
現代ヨーロッパ社会
ヨーロッパの歴史
アメリカの歴史
戦争史・軍事史
アジア/アフリカ
現代日本社会
日本の歴史と社会
ラテンアメリカ
地球環境と人類文明
芸術と社会
生物史・生命
人生についての省察
世界経済