大誘拐  目次
見どころ
あらすじ
3人の「虹の童子」
おばあちゃん
おばあちゃんの山歩き
誘拐決行
おばあちゃん、3人の人柄を見抜く
驚きの隠れ家
刀自とクーちゃん
クーちゃんの心配
さて翌朝・・・
刀自とクーちゃん
さて翌朝・・・
乗っ取られた誘拐…身代金100億円
県警本部長、井狩
井狩の痛烈な反撃
虹の童子の反撃
警察の追跡網
奇襲作戦
刀自、テレビ中継に登場
山林資産の洗い直し
兄弟姉妹の結束
空のかなたに消えた100億円
刀自の帰還
井狩、刀自を訪なう
井狩、刀自に問いかける
おばあちゃん、「お国」に挑む
刀自の算段
3人の童子の旅立ち
正義の決断
平太の決意
健次の道
作品の奥にあるもの
天本英世のこと

県警本部長、井狩大介

  数日後、龍神村の柳川家に、100億円という巨額の身代金の要求を提示した「犯人からの手紙」が届きました。
  犯人からの接触は、ただちに和歌山県警本部に報告され、この手紙への対策が検討されました。
  ところが、この手紙の内容の異様さは、たんに飛び抜けて巨額の身代金だけではなかったのです。

  誘拐犯「虹の童子」は、身代金の要求に対する柳川家の応諾の回答をおこなう代理人=代表として、和歌山県警本部長の井狩を指定していました。それも、地元和歌山放送テレビの生放送で返答を中継しろ、というものでした。
  この誘拐犯は、警察の介入をさせるなという脅しをするのではなく、むしろ県警本部長を犯人との交渉の前面に立てろという、異例というか破格の要求をしてきたのです。
  つまりは、警察に正面から挑戦状をたたきつけたわけです。

  井狩としては、この挑戦を正面から受けて立つつもりでした。
  で、テレビで示す回答の打ち合わせをするため、井狩は柳川家を訪れました。
  ところが柳川家では、刀自の子どもたちが内輪もめをしていました。
  身代金の額があまりに巨額だったため、兄弟姉妹が度を失ったのでしょう。
  口論に割って入った井狩。

  数日前、兄弟姉妹は井狩と相談のうえ、身代金の要求があってからでは後手に回るということで、身代金として3億円ほどを用意していました。
  井狩によれば、この種の誘拐事件では最高額となる身代金だというのですが。
  しかし、虹の童子の要求額100億円は度外れに巨額なので、兄弟は途方にくれる一方でした。あげく、諍いとなったのです。
  井狩は、この途方もない要求額を根拠として、誘拐犯たちに反撃しようと決心しました。テレビ放送で、彼らの刀自に対する扱いが疑わしいという批判と反論を加えることができると判断したのです。

前のページへ | 次のページへ |

総合サイトマップ

ジャンル
映像表現の方法
異端の挑戦
現代アメリカ社会
現代ヨーロッパ社会
ヨーロッパの歴史
アメリカの歴史
戦争史・軍事史
アジア/アフリカ
現代日本社会
日本の歴史と社会
ラテンアメリカ
地球環境と人類文明
芸術と社会
生物史・生命
人生についての省察
世界経済