大誘拐  目次
見どころ
あらすじ
3人の「虹の童子」
おばあちゃん
おばあちゃんの山歩き
誘拐決行
おばあちゃん、3人の人柄を見抜く
驚きの隠れ家
刀自とクーちゃん
クーちゃんの心配
さて翌朝・・・
刀自とクーちゃん
さて翌朝・・・
乗っ取られた誘拐…身代金100億円
県警本部長、井狩
井狩の痛烈な反撃
虹の童子の反撃
警察の追跡網
奇襲作戦
刀自、テレビ中継に登場
山林資産の洗い直し
兄弟姉妹の結束
空のかなたに消えた100億円
刀自の帰還
井狩、刀自を訪なう
井狩、刀自に問いかける
おばあちゃん、「お国」に挑む
刀自の算段
3人の童子の旅立ち
正義の決断
平太の決意
健次の道
作品の奥にあるもの
天本英世のこと

3人の「虹の童子」

  「日本は資本主義社会や。そやから、俺たち刑務所を出所した前科もんが社会復帰するには、元手が必要や」
と言って、資金稼ぎの手段を言い出したのは、先に出所していたリーダーの戸波健次。
  彼は、仲間の若者2人を迎え入れた車のなかで、2人に説明を始めました。
  2人はたったいま、刑期を終えて出所したところです。
  だが2人は、その計画を聞くと、あからさまな拒否反応を示しました。

  「誘拐!? 可愛い子さらって金を脅し取る。あれ、人間のするこっちゃないわ。にいさん、わて、降ろさしてもらうわ」
と非難がましい目つきで健次を見たのは、大男の秋葉正義。
  車から降りようとドアを開けました。鈍重な大男ですが、ばか正直に服を着せたような人間。彼の罪状はこそ泥。飢えをしのぐためでした。

  「うちも家族のために金が必要やったけど、降りるわ」と下を向いたのは、小柄な若者、三宅平太。気の小さいチンピラに見えます。

  「82歳のかわいいおばあちゃんでもか? 4万ヘクタールの山林をもつ紀州一の大金持ちのおばあちゃんや」
  2人とも健次を見つめ直します。
  「大阪の町がぽっこり収まってお釣りが来るくらいの大きさや」「身代金は5千万……」
  正義も平太も急にやる気になったようだ。

  それからまもなく、激しい雨のなか、3人は紀州の山中に分け入りました。おばあちゃんを誘拐する機会をうかがうために、谷を挟んで柳川家と向かい合う山の斜面に陣取ったのです。
  8月16日、旧盆もまもなく終わろうとする夕刻近くでした。

  3人は大阪刑務所で出会いました。
  戸波健次は孤児院育ちで、スリの現行犯で捕まりました。彼は刑務所で刑期を終えてからの自分の人生の再設計の手立てを考えたあげく、あの大富豪のおばあちゃんの誘拐を思いつき、綿密な計画を立てました。

  最大の問題は仲間をだれにするかでした。
  犯罪の常習者ではいけない。また、獲得した身代金をすぐに使い出すような、軽薄で警戒心の足りないヤツはダメ。要するに、律儀で正直な者。そして、誘拐事件の後、絶対に犯罪に手を出さない人間。
  そうでないと、警察や司直の追及を受けて、いずれ誘拐事件のことがバレてしまうおそれがある。生真面目で正直で、自分を律することができる人物を集めようというわけです。

  刑務所という犯罪者の集団のなかではきわめてむずかしい課題です。ところが、そんな人間が現れたのです。
  秋葉正義です。
  父親の事業が失敗して多額の借金を負った彼の家族は、小学生のときに散り散りになりました。
  その後、彼はたった1人、社会の底辺を這いずり回り、日雇い労務者などをしながら糊口をしのいできました。バカ正直な生き方で、人をだましたり裏切ったりしたことはありません。
  ところが、仕事にあぶれた日が続き、飢えをしのぐため空き巣狙いのコソ泥をしようとして逮捕されてしまったのです。

  健次は、この男ならと目をつけて近づき、人間としてのまっとうさを確信し、シャバに出たら仲間を組んで一仕事しようと約束を取り交わしました。

  三宅平太は尻の軽いおっちょこちょいですが、健次と正義とに通い合うそれとない気脈と強い信頼関係を察知して、2人に近づきました。はじめは損得勘定でした。だが、健次にはねつけられ、何度も真剣に頭を下げて仲間に入り込んだのです。
  その努力のなかで、彼なりに腹をくくり、「オトナの挑戦」に取り組む覚悟が生まれたようです。

  この3人組はやがて誘拐事件が世間に公表されるとともに、「虹の童子」という「暗号名」で呼ばれることになります。
  ボスの健次が「雷」、正義が「風」、平太が「雨」という暗号名なのです。虹の童子という暗号名は、やがて彼らが誘拐することになる、大富豪のおばあちゃんがつけてくれるはずです。

前のページへ | 次のページへ |

総合サイトマップ

ジャンル
映像表現の方法
異端の挑戦
現代アメリカ社会
現代ヨーロッパ社会
ヨーロッパの歴史
アメリカの歴史
戦争史・軍事史
アジア/アフリカ
現代日本社会
日本の歴史と社会
ラテンアメリカ
地球環境と人類文明
芸術と社会
生物史・生命
人生についての省察
世界経済