補章―2 ヨーロッパ史における戦争と軍事組織
       ――中世から近代

この章の目次

1 封建騎士と領主制支配

ⅰ フランク王国と騎士制度

ⅱ 領主制と封建法観念

ⅲ 西フランクの王権と軍制

2 イタリアの都市経済と傭兵

3 中欧・東欧の軍制と領主制

ⅰ 多数の領邦の分立

ⅱ 都市建設と東方植民

4 ノルマン征服王朝とイングランド

5 新たな軍事力と傭兵制

ⅰ 百年戦争と「封建騎士」の没落

ⅱ 王権と傭兵制

ⅲ スイス、オーストリアの傭兵

6 中世晩期から近世の軍備と財政

7 国家形成と軍事組織

ⅰ 断続する戦乱

ⅱ 近代国家制度への歩み

ⅲ 傭兵たちの戦争

8 ヨーロッパの軍事革命

ⅰ 歩兵組織と築城戦術

ⅱ 膨張する戦費・軍事費

9 艦隊と海洋権力

ⅰ 地中海

ⅱ 北西ヨーロッパ

ⅲ 新型艦隊と商業資本

10 軍事と経済との内的結合

ⅲ 傭兵たちの戦争

  ところでこの時代には、軍事活動を実際に担う組織は、いまだ王権国家によって包括的かつ直接に組織化され掌握・統制されたものではなかった。戦争は王の命令で始まったが、軍事活動の決定的部面は、全面的に商業的(営利的)原理にもとづき国際的に活動する専門の戦争請負業者、すなわち傭兵たちによっておこなわれたのである。
  たとえばフランスでは16世紀には、王が直接指揮命令できる部隊は軍全体のごく小さな部分だった。王権に属する軍隊は、実際には戦争請負業者(傭兵隊長)によって召集され、指揮・組織され、訓練され、戦闘に参加させられた。彼らの忠誠は直接的には傭兵隊長に向けられていて、雇い主としての王権から、契約どおり十分に現金が支払われるかぎりで保証された。つまり、戦争は国際的な商業ビジネスになったわけである。
  有力な傭兵団を組織する隊長は領主的企業家(あるいは企業家的領主)だった。17世紀に三十年戦争で活躍したボヘミアのアルベルト伯ヴァレンシュタインは、ヨーロッパ最大の戦争請負業者だった。彼は零細貴族の地位から戦争請負業で成り上がって、バルト海沿岸やボヘミアの所領を支配する有力な領主となり、神聖ローマ皇帝=ハプスブルク家のために大規模な軍隊を提供しながら、巨大な武器および軍備供給産業を営んでいた。

  17世紀半ば以降には、ヨーロッパ大陸のいくつかの王権は常備軍を創設・運用するようになったが、常備軍はたいていは王権によって雇われた傭兵隊の集合だった。
  通常、企業家商人でもある傭兵隊長は一定の報酬によって王権と契約を結び、戦役や防衛のために雇われ、連隊長 colonel of the regiment となった。つまり、大規模な戦争では大方の戦線において、王権は軍事専門の企業家を雇い、軍役を委託契約したのだった。
  金銭的報酬による委託=受託契約は純然たる商行為にほかならない。
  連隊長は連隊の将校を任命する権力を保持し、指揮下の軍の作戦と運用を自分の意思と利害に沿って自由におこなうことができた。君侯による報酬支払いまでの兵士への給料支払いはもとより兵器や糧秣の調達も、連隊長=傭兵隊長が自らの才覚でおこなった。
  この才覚のうちには都市や農村からの掠奪、強奪も含まれていた。それゆえ、傭兵たちは「甲冑をまとった物乞い」とか「戦争を請け負う野盗」と呼ばれていた。

  連隊長はまさに冒険的企業家であって、軍の運営の仕方によっては王から得た報酬から大きな利潤を引き出すこともできたし、戦地での掠奪や徴発で獲得した財貨も自由に処分できた。だが、傭兵業は、戦局の行方や契約相手を誤るとすべてを失う危険なギャンブルでもあった。

 前のペイジに戻る | ペイジトップ | 次のペイジに進む

世界経済における資本と国家、そして都市

第1篇
 ヨーロッパ諸国家体系の形成と世界都市

◆全体目次 章と節◆

序章
 世界経済のなかの資本と国家という視点

第1章
 ヨーロッパ世界経済と諸国家体系の出現

補章-1
 ヨーロッパの農村、都市と生態系
 ――中世中期から晩期

補章-2
 ヨーロッパ史における戦争と軍事組織
 ――中世から近代

第2章
 商業資本=都市の成長と支配秩序

第1節
 地中海貿易圏でのヴェネツィアの興隆

第2節
 地中海世界貿易とイタリア都市国家群

第3節
 西ヨーロッパの都市形成と領主制

第4節
 バルト海貿易とハンザ都市同盟

第5節
 商業経営の洗練と商人の都市支配

第6節
 ドイツの政治的分裂と諸都市

第7節
 世界貿易、世界都市と政治秩序の変動

補章-3
 ヨーロッパの地政学的構造
 ――中世から近代初頭

補章-4
 ヨーロッパ諸国民国家の形成史への視座

第3章
 都市と国家のはざまで
 ――ネーデルラント諸都市と国家形成

第1節
 ブリュージュの勃興と戦乱

第2節
 アントウェルペンの繁栄と諸王権の対抗

第3節
 ネーデルラントの商業資本と国家
 ――経済的・政治的凝集とヘゲモニー

第4章
 イベリアの諸王朝と国家形成の挫折

第5章
 イングランド国民国家の形成

第6章
 フランスの王権と国家形成

第7章
 スウェーデンの奇妙な王権国家の形成

第8章
 中間総括と展望